おデブな俺がモテ男になるための肉体改造計画がコレ

今まで体が動かすことが本当に嫌だったのに、ある日どうしてもモテたくて、肉体改造に目覚めました。果たしてその結果は?

本当、おデブってモテないんです・・・

子供のころからよく食べた割に身体を動かすことが嫌いだったので、成長期とともに、どんどんと身体が横に大きくなり、ひどい時で90kgを超え、俗にいうおデブになってしまった。

正直、顔は悪くはないと自分では思っているのだが、このおデブなために、女の子からはモテず、30歳を手前にしていまだ素人童貞。。。(ちなみに男女ともに、おデブな人は顔は悪くない人が多いのは気のせいだろうか・・・)

彼女なんてできるわけもなく、毎月の入ってくる給与は、風俗三昧。。。いい加減にこの生活も本当、嫌になってきた。

まぁ、世の中探せばデブ好きな女の子もいるが、正直あまり期待はできない。欲言えば、誰からでもモテたいものだ。

同僚のパーフェクトボディに衝撃

仲のいい同僚がいるのだが、正直言って顔はそれほどいいとは思えない。むしろ俺の方がいいと思う。しかし、細身でガチッとした感じが服の上からもわかり、周りの女の子からも注目されていたのだ。

ある日、社員旅行先の温泉に入る際、その同僚と脱衣所で着替えていたとき、とうとう全身を披露されるときがきた。そして、衝撃を受ける。

「まじかよ・・・カッコいい・・・」

ボディビルほどのマッチョでなく、その身体は美しく、男性からも惚れ惚れする程のホソマッチョだった同僚。

同じく鏡にうつる俺の姿・・・ますます自分の身体に自信がなくなった俺。

おれもこんなの身体になりたい!で、女の子からモテたい!できれば童貞も捨てたい!← ここ重要(笑)

いよいよ奮起!モテる為に肉体改造だ!

同僚から刺激をうけた俺は早速肉体改造計画に踏み入った。

スポーツジムにいくという選択もあるが、基本はお金をかけずにやっていきたいと考え、自宅でのトレーニング計画をすることにした。

ただこういったトレーニングについては素人同然の俺なので、幸いにも友達にスポーツインストラクターがいるので、なんとか頼み込んで無償でトレーニングメニューを組んでもらった。

ちゃんと肉体改造ができて、その暁にモテるようになったら、お礼として女の子の一人や二人くらい紹介してやろう(笑)

身体の中から鍛える体幹トレーニング

まず、中の筋肉を鍛えるべく、今流行りの体幹トレーニングを行う。この体感トレーニングが着目されている。その理由はこうだ。

筋肉には、見た目のアウターと、見えない身体の中のインナーに分かれる。体幹トレーニングは身体のインナーを鍛えるトレーニングだ。トレーニング自体は地味だが、じわじわと効いてくるのがわかり、汗もかなり掻く。

インナーが衰えると、身体のキレも悪くなる他、怪我もしやすくなる。確かに今の状況を考えると、おれのインナーマッスルはボロボロだ(笑)。


厳選!体幹トレーニングメニュー3選

ここで俺が試した体幹トレーニングをご紹介したい。本来自分の動画がいいのだが、あまりにも見本にはならないので、Youtubeサイトから引用させていただいた。ぜひ参考にして欲しい。

■1■プランク


体幹トレーニングの代表的なトレーニング。一見、簡単そうに見えるが、数秒この姿勢を保っているとお腹がプルプルと震えてくるのがわかる。そして次第に姿勢が崩れて腰が落ちてくるので、ここをしっかりこらえる。これが結構つらい。

ちなみに、子供の足を速くするというトレーニングとしても、このプランクは有効的なようなので、親子で行うとよいだろう。

■2■サイドプランク


腹斜筋、いわゆる横腹をを鍛える体幹トレーニング。これも代表的なトレーニングだ。左右で行うが、本当にキツイ。

基本は肘をついて行うが、応用編として、肘をつくのではなく腕を伸ばして行ったり、脚を広げたりすると、さらに効果的だ。

これを実践試してわかるが、横腹を鍛えるのはこんなに大変なことなのかと痛感する。ついてしまった横のお肉はそう簡単には落とせないんだなぁと思い知らされる(笑)

■3■ニートゥチェスト


これも腹筋を鍛える体幹トレーニングだが、実際、モモ裏やお尻の筋肉への刺激は半端ない。なので、下半身にも効果的だ。ゆっくりとひざをお腹に寄せるときに、モモ裏がプルプル来る。

体幹トレーニングは毎日続ける

後述するアウター、いわゆる世間で言われる筋トレは、超回復というものがあるので、毎日する必要がないが、この体幹トレーニングは毎日やっても支障はない。

トレーニングを毎日続けるにはかなりの意志がいるが、体幹トレーニングはテレビを見ながらやったり、本を見ながらでもできなくはない。

ただし、通常の筋トレよりもエネルギーは使うので結局は、ながらでは、なかなかできないが(笑)

アウターを鍛えて惚れ惚れするボディに

筋肉は見た目も重要。インナーだけ鍛えても外見はわからないが、アウターを鍛えることで、誰もが惚れ惚れする身体になる。

だからといって、アウターだけを鍛えても、先ほども述べたが、インナーが弱いとケガをしやすかったり、キレも失われるので、アウターとインナーの両者をしっかり鍛えることで、素晴らしいボディを手に入れることができる。

やるぞ、やってやるぞー(笑)


厳選!アウタートレーニングメニュー3選

今回のアウタートレーニングでは、今流行の自体重でのトレーニングだ。その名の通り、自分の体重を負荷にしてトレーニングを行う。自体重ならオレの場合はかなりの負荷があるので、効果は絶大だ(笑)

ここではオレが行っている、アウターを鍛えるトレーニングを紹介したい。これもYoutubeからの引用になるが参考にしてほしい。

■1■脚を椅子に乗せての腕立て伏せ

通常の腕立て伏せでも十分、胸の筋肉、すなわち大胸筋には効果があるが、首から胸の上部を鍛えるには、少々角度がついていたほうが良い。

オレの場合は、通常の腕立てと、この角度をつけた腕立てをやって、まんべんなく大胸筋をイジメている。

大胸筋は見た目で非常に重要な筋肉だが、特定部位だけ鍛えても意味がないので、こうやってしっかりと全体を鍛えてやる。

■2■スクワット

スクワットのやり方を間違えている方は非常に多い。ひざが前にでないようにしないといけない。やり方を間違えると、ひざを痛めたり、腰痛が出る場合がある。

おれも最初はどうしてもひざが前にでてしまっていた。しっかりとお尻からしゃがみ、ひざは前に出ないように心掛ける。

応用編のスクワットとして、シーシースクワットというものがある。

これはほんと前モモ、すなわち大腿四頭筋にビンビンくる。思わず息を止めてしまい、無酸素で吐きそうにもなる(笑) それくらい疲れるスクワットだ。

これは座りながらでもできるので、ぜひ試してほしい。

■2■ローワーバック

バックエクステンションとも呼ばれ、背中を鍛える鉄板筋トレだ。脊柱起立筋群と呼ばれる筋肉を刺激する。前を鍛えたら後ろを鍛えるというのが筋トレの鉄則だ。胸だけでなく背中もしっかりと鍛える。

最初やっと時に背中がつりそうになったり、腰を痛めたりした。これを行うには勢いをつけてやるのはNGだ。

アウターは3日に一回のトレーニングで超回復を待つ!

アウタートレーニングは、基本毎日行う必要はない。

アウタートレーニングで筋肉が悲鳴をあげる、すなわち筋肉痛が発生すると、筋肉が回復しようとする。筋肉が回復する際に、筋肉の総量がトレーニング前よりも増加する。

これが超回復と呼ばれ、この間は筋肉を回復させてあげることが重要である。その間、大体2〜3日と言われている。

ようは筋肉を鍛えた後は大きくなるのを2,3日待つのだ。

回復を待たずして毎日アウタートレーニングを行うやり方もある。それは部位別に鍛えるのだ。初日は上半身、次の日は下半身と、これをうまくローテさせると毎日トレーニングできる。

ま、初心者のオレには無理だが・・・(笑)

このようにして、体幹トレーニングを毎日、アウタートレーニングを3日おきに行うことで、オレのトレーニングはなんと持続している。

トレーニングをバックアップしてくれるアミノ酸を摂る!

トレーニングだけでも効果はあるが、一日の生活においてアミノ酸をしっかり摂ることで、トレーニングを強力にバックアップしてくれる。

筋肉はタンパク質からできているが、これを食品から補うとなると吸収に時間がかかる。そこでこれらアミノ酸が必要となってくる。

アミノ酸を摂取することで素早く吸収され、エネルギー源となり筋肉の回復を早めたり、筋肉のパフォーマンスを高めてくれる。

アミノ酸も今では色々なメーカが製品をだしているが、なかでも必須アミノ酸のロイシンが筋肉の合成を促す大きな役割を果たしており、これをしっかりバランス良く配合したサプリが誕生した。

それが、「パーフェクトビルドEAA」というアミノ酸サプリだ。詳細はこちらから確認してほしいが、必須アミノ酸を超強力に吸収してくれるアミノ酸サプリ、今や2分に1つは売れている人気商品だ。

市販のアミノ酸サプリよりは少々高価だが、現在キャンペーンをやっており、毎月300名限定で一袋分が、実質無料となっているので、ぜひチェックしてもらいたい。

食事管理がなにより辛い(笑)

オレにとって、このトレーニングが一番苦痛だった。

それが食事管理・・・ こればかりは本当に辛かった。特に、お肉、酒・・・

お肉と酒を我慢することは、オレにとって致命的だった。なんども気が狂いそうになった(笑)

しかし、実際やった人にはわかることだが、いざ食事管理のペースに慣れてくれば、意外と続けられるものである。酒もなくても大丈夫なようになる、不思議なものだ。

パーフェクトボディを目指して!

今、オレのように、身体の変化を求める人間は増えている。最近では、ライザップのCMが非常に効果的だった。

さらに2016年はポケモンGOが世界中にでたことで、欧米諸国ではウォーキングも流行りだしているとか(笑)

このように、何らかのきっかけで健康志向な人間が増えてきている。大変良いことだ。

オレの場合は、モテたいという不順な動機だが、きっかけはこれでもかまわないと思う。

人間、気持ち次第でいくらでも変われる。オレの筋トレにしても、仕事にしても、勉強にしてもだ。ようは、どれだけ頑張るか。

さて、おれの身体は変わったのか・・・童貞は卒業できたのか・・・ それはまた次回にでも報告するとしよう(笑)

参考サイト:パーフェクトビルドEAA

文責:たかさん